消防設備工事

ホーム > 消防設備工事

消防設備は、火災による煙や熱を感知器が早期に自動的に感知して、警報ベルなどで建物内の人達へ火災を知らせます。

筑邦トーハツ商会では、各種消防設備の設置・改修工事を行います。以下は、設備工事を行う設備の例です。

  • 自動火災報知機設備
  • スプリンクラー設備
  • 水噴霧消火設備
  • ドレンチャー設備
  • 連結散水設備
  • 二酸化炭酸ガス消火設備
  • ハロゲン化物消火設備
  • 泡消火設備
  • 屋内外消火設備
  • 火災報知・非常警報設備
  • 屋内消火栓ホース
  • 誘導灯及び誘導標識
  • 避難器具 (はしご・袋・緩降機)
  • 住宅用火災警報器

消防設備工事は、ご相談・見積りへ

消防設備工事(消防施設工事)とは

消防設備工事は、消火設備や警報設備、避難設備を設置する工事で、建物の大きさや用途によって必要な設備が消防法で義務付けられています。

これを疎かにすると罰則もありますし、大惨事を引き起こす危険性もありますから、必ず定められた消防設備を設置するようにしましょう。

屋内消火栓設置工事

屋内消火栓の多くは、非常ボタンのついた四角い扉の中にあるホースなどを含む消火設備です。これは、火事になった時に自分たちで消火する為のものですから、一般の人が触っても良いものなのです。

詳細へ進む

屋外消火栓設置工事

屋外消火栓は、屋内消火栓と似ていますが放水量が多く、建物の1階、2階に使用するなどの違いもあります。屋外消火栓は屋内消火栓とどう違うのか、屋外消火栓にはどんな種類があるのか、ご説明します。

詳細へ進む

スプリンクラー設置工事

火災の熱を感知して放水するスプリンクラーにも、様々な種類があります。それらは、広さや間取り、天井の高さ等によって使い分けられているのです。東京ドームにもスプリンクラーは設置されています。また、スプリンクラーの設置の流れもご説明します。

詳細へ進む

火災報知設備工事

火災報知設備は、自動的に火災を感知して知らせてくれる設備です。また、ボタンを押して他の人に火災を知らせる事も出来ます。火災報知設備の仕組みや感知器の種類、設置の流れ等についてご説明します。

詳細へ進む

消防設備工事の流れ

  1. お電話、メールでお問い合わせ頂き、ご相談ください
  2. 消防設備士がお伺いし、現場確認および詳細を確認させて頂きます。
  3. 後日御見積書を作成し、提出させて頂きます。
  4. 見積書内容でご了承頂ければ、ご都合の良い日程で工事をさせて頂きます。
  5. 消防署への手続きは、当社が責任を持って対応させて頂きます。

消防設備工事の重要性

ビルやマンション、病院などの建物には、消火器や避難器具など、それぞれの施設の大きさや用途に合わせた消防用設備を設置しなくてはいけません。

屋内・屋外消火栓やスプリンクラーなどの消火設備、自動火災報知設備やガス漏れ火災警報設備、非常警報設備などの警報設備、避難はしごや救助袋、誘導灯及び誘導標識などの避難設備を設置する工事が、消防設備工事です。

これらの設備は消防法によって設置が義務付けられており、これに違反すると1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処されてしまいます。

平成13年9月に発生した「新宿歌舞伎町の小規模雑居ビル火災」においては、こういった設備の設置・点検が行われていなかった為に44名の犠牲者を出す大惨事と成ってしまいました。この時には、ビルの所有者6名に業務上過失致死傷罪の判決が言い渡されたのです。この様な事を二度と起こさないよう、必ず法令に則った設備を設置し、点検も怠らないようにしましょう。

消防設備工事を行うのに必要な資格

看板の設置などの通常の設備工事であれば、経営業務管理責任者の条件を満たしている人がいるという前提があれば、基本的には10年以上の実務経験を積んでいる場合はその許可を取得する事が出来ます。

ですが、消防設備工事に関しては消防法によって、消防設備士でなければそれをやってはいけない、と定められているのです。都道府県によっては、実務経験によって資格者の代わりとする事も出来ますが、そうでない場合は消防法を基に消防設備士の資格がなければ許可を得る事が出来ません。その為、消防設備工事を行う事が出来る業者は限られているのです。

メニュー